保温電球をつかう期間

ほおん・かしつ
06 /28 2018
昼間の気温が高くなったので ケージ内の保温電球を外しました。

夜はフィルムヒーターで ケージ内が冷えないようにしていましたが 最低気温が高くなったので 一昨日から使わなくなりました。

これで保温器具は一旦 ケージからなくなりました。
01024.jpg

これまで ピーちゃんが体調を崩す時って 決まって保温や加湿が 足りてない場合が多かった。

あと 窓を開けたり扇風機をつけたりで長時間 部屋の中(特にケージ周辺)に風の流れが出たことで 風邪をひかせてしまったこともあった。

温度計の数値が高くても 低気圧が通り過ぎる時って サァ~っと血の気が引くような寒さを感じることがあり やっぱり風邪気味になり 保温して治ることが多かった。



過去の失敗から 保温=甘やかし ではなく 保温=思いやり だと気づいた。

病気になって 慌てて保温電球を出して暖めるくらいなら 最初から軽く温めてあげておけば もしかすると病気にならなかったかも知れない。

鳥は寒くても 人間のように 着込むものが無いのだから 辛抱させるのはちょっと可哀想だ。

ウン十年 関西で生きてる私ですら 夏の暑さにも 冬の寒さにも 慣れないわけで…。(苦笑)



ピーちゃんのケージの保温器具は

寒くなる少し前の 10月から設置し 梅雨明け 7月中旬までの 約10ヶ月使っている。

1年のほとんど お世話になっている?

なので震災等で 電気が使えなくなると かなりヤバイ。

避難所で暮らすのは かなり難しいと思う。

鳥を預かってもいいよ って言ってくれるお家を 探しておいた方が いいのかも知れない。



熱帯夜が始まる7月は エアコンを使いはじめることで 急に室温と湿度が低くなってしまう。

エアコンが原因で ピーちゃんが風邪をひく確率は高く 一度外した保温電球を 再設置することも多い。

そして 徐々に保温電球20W→フィルムヒーター8W→フィルムヒーター4Wと 保温器具の火力を小さくして エアコンに慣れさせていく。

1年の中で 7月の保温が一番難しいと思う。

今年こそ くしゃみ+鼻水の出ない夏にしたい。
また遊びにきてね!

にほんブログ村

コメント

非公開コメント