アイリングの炎症

びょうき(そのた)
12 /13 2016
今朝 右目の周りの皮膚が 赤くなっていることに気づいた。
お昼まで様子をみて 腫れたり赤色が濃くなるようなら 病院に連れて行こうと思ったが 赤みもひいてきて どうやら大丈夫そう。
00987.jpg
めばちこ(=ものもらい) とかではなく どこかで強く擦ったのかな?


恋の季節は 暗い場所 狭い場所を求め さまよう時間が増える。


新聞紙で蓋をしておかなければ 必ずゴミ箱ダイブする。
段ボール箱の隙間に 顔を突っ込もうとする。
閉め忘れた扉も こじ開けて中に入ろうとする。


怪我するとかしないとか 全く考えずに とにかく 頭を突っ込んでいく。
やりたいことを 納得いくまで やる! そんな感じ。


子供が 抜けなくなることを考えず 鉄柵に頭を突っ込んでいく・・。
あれも本能だろうか・・。(謎)


飼い主(親)が 気をつけてあげないとね。
頭を突っ込みそうな物&場所は できるだけ撤去か隠すことにしよう。


それにしても 今日は寒いな~。
スポンサーサイト
また遊びにきてね!

にほんブログ村

緑の糞

びょうき(そのた)
07 /20 2016
梅雨のジメジメがなくなり 過ごしやすくなった。
00906.jpg


ピーちゃんの調子は いい時と そうでない時と 波がある。
00907.jpg



完全ペレット食のピーちゃんは 通常はペレットと同じ色の糞をする。
だけど お腹の中で長時間ためた糞は 緑色になる。
緑というより 水彩絵の具のビリジアンに近い。



今朝 1番目の糞
00903.jpg

2番目の糞は 床に落ちてるのに気づかず 踏み潰してしまった。(笑)

3番目の糞
00904.jpg

4番目の糞
00905.jpg

夜から朝にかけて おやすみカバー内で ペレットを食べていない時は だいたいタメ糞してることが多い。



昼間 私が買い物に行っている間は だいたいタメ糞している。
なので 私の帰宅直後の糞は 緑色をしている。

タメ糞が 数回出た後は 通常の色に戻る。
ペレットは消化がいいので 色がそのままなのだろうか。(謎)



タメ糞の色について・・。
以前 ブログで紹介されている方がいて 異常ではないということを学んだ。
念のため病院で タメ糞の色のことを聞いたところ とくに問題なし。
朝から晩まで 緑色の場合は かなり問題ありだけど・・。



人間の便も 胆汁に含まれるビリルビンが 腸の中の空気に触れて 酸化すると緑色になる。
乳児にたまにあることで 病気じゃないんだって。
ちょっと見てみたい・・。
また遊びにきてね!

にほんブログ村

表情

びょうき(そのた)
07 /19 2016
鳥の表情って 読み取るのが難しい。
00901.jpg
しんどいのか それとも眠いのか いつも悩む。



元気なときなら 眠く見える表情も 通院していると 違って見える。
どうしたんだろう・・ 気分が悪いのかな? どこか痛いのかな?



瞼(まぶた)に 違いがあるような気がする。
00902.jpg
元気な時の目の閉じ方は 下瞼が結構 上にあがる。
そうでない時は 下瞼が上がりきらず 目はやや半開き。
ピーちゃん どう? 違うかな?
また遊びにきてね!

にほんブログ村

ピーちゃんは病気を隠さない

びょうき(そのた)
06 /05 2015
鳥は病気を隠す

飼育本でも病院でも よくこの言葉を耳にする。



だけどピーちゃんは 隠していない気がする。
病気を隠さなければいけないほど 我が家が緊張するような環境というと そうでもない。
家族の手や肩に乗るのが大好きで 毎日遊びたい&やりたい放題。
楽しく充実しているように見える。
何よりピーちゃんは 隠しごとが出来る 性格(知能)でない。(笑)



ピーちゃんは 体調が悪くなると 急に片足引っ込めて膨らんで動かず 食欲もなくなる。
だけど ちょっと調子が良くなると また普段通り遊んでしまう。
00750.jpg
(目がまだしんどそう・・)
早く病気を治すには 強制的に遊ばせないようにしなければならない。
なんだか人間の子供と似てるかも。(苦笑)



鳥は病気を隠すから 気づきにくい

もしかすると 飼い主の肩の荷を降ろす 言葉なんじゃないだろうか。
家族(鳥)が病気になったら みんな自分を責めちゃうから。
病気になった過去は変えられないけど 元気なる未来に変えることは出来る。
肩の荷が少し降りたら 未来に目を向けられるかも知れないもんね。
病気ならない環境を作ることが 一番大切で難しい。



体重が毎日落ちてる原因が 腸の腫れが治ったのか 爪をカットされたショックなのか まだちょっとわからないけど もうしばらく様子を見よう。
それにしても私 様子見てばっかりだな。(笑)
また遊びにきてね!

にほんブログ村

噛む4

びょうき(そのた)
10 /06 2007
前回の病院から 1週間経ち薬も無くなった。
結局 全く噛まない日は数日しかなかった。
でも病院に行き始める前に比べ ほとんど噛まなくなったのは確か。

先生に言われたとおりに 何をしても叱らないのは 薬よりも噛みグセには効果があったような気がする。
怒鳴ったり クチバシをつかんだり そういう行為は ピーちゃんのしつけにはなっていなかったようだ。

朝一の放鳥で ケージからその日初めて出す時に 乗りが悪そうな時に 指に噛みつくことはあるが 噛まれても優しく話しかけてやれば 数秒でいつものハイテンションなピーちゃんに戻り 指に乗ってくる。

ずっとピーちゃんの様子を観察してみると 環境と光の量の微妙な変化で噛むような気がする。
何かにちょっとだけ驚いた時 明るい部屋から暗い部屋にいる私の肩に止まった時とか…。
私の勘違いなのかも知れないが 何となくそんな気がする。

もう少しピーちゃんの様子を観察してみよう。
噛まなくなる日は 絶対来るような気はする。
また遊びにきてね!

にほんブログ村

噛む3

びょうき(そのた)
09 /28 2007
9月18日に病院からいただいたお薬か無くなったので また病院に連れて行くと二した。
お薬の効果はあったのだが やはり噛む時は噛む。(汗)


先生に相談してみたところ このお薬(アナフラニール)の効果は半年ほどで それを過ぎると飲んでも効果が出ないらしい。
ってことで 2倍強の濃さにすることになった。
2倍強になったからといって 体がどうにかなるそうではない。
前回が薄かったってことなのかも知れない。

『噛むくせを まずはやめさせなければいけない』との事。
噛まない習慣をつけさせることが 大切なようだ。
それから 人を噛んだり ゲロしたり 物を噛んでボロボロにしたとしても 叱ってはいけないそうな。(汗)

マジで?
私…ずっと大きな声を出して怒ったり 噛みついたクチバシを指でつまんだり 結構正反対のことをしてたわ。
騙されたつもりで とりあえずやってみようかな。
私よりボタンインコのことを 良くわかってる方ですから…。(汗)
また遊びにきてね!

にほんブログ村

噛む2

びょうき(そのた)
09 /25 2007
お薬をもらって飲ませ始めてから 一週間ほどたった。
飲ませ始めた次の日から かなり効果があり ほとんど噛まなくなった。

飲み始める前と 飲み始めてからの ピーちゃんの性格が少し変わった

というよりは、昔(一年ほど前)の性格に戻った感じ。


 お気に入りの鈴をくわえて 放鳥時に部屋の床を歩きまわるようになった。
 鈴が部屋の隅に転がってしまうと 用心深く自分で取りに行かなくなってたからなぁ…。
 たぶん好奇心が+になり 警戒心が-になったんだろう。

 お気に入りの鈴に 激しくゲロゲロするようになった。
 以前は叱っていたが 薬の影響もあるだろうし ピーちゃんが気づかない間に 掃除することにした。
 開放的になったのだろうか。

 何よりも肩に飛んできて 顔を噛むことがほとんどなくなり 肩に乗ったピーちゃんの方を向いて 話しかけれるようになった。
 時々噛まれそうになるが その時はおもちゃを見せて 気分転換させる。


とにかく ボタンインコの噛む力はすごい。
肉を食いちぎられる…って思うほどだ。
血は出るが ネコの引っかき傷のように 型は残らない。
顔から何度か血が出たが 今のところ どの傷も感知している。
ほんとに この薬はすごいな。
また遊びにきてね!

にほんブログ村

噛む

びょうき(そのた)
09 /18 2007
夏の中頃から やたらと噛むようになった。
指を噛むらならまだいいが 肩に止まって突然 顔を嫌というほど噛まれると さすがに恐怖すら感じる。
噛む時は決まって 少し羽を膨らませたり 首をブルブル横に振ったりすることが多い。

過去に犬を飼っていて イライラしている原因が 耳の病気だったので もしかしてピーちゃんも 耳に何か病気をかかえているのかと 心配になって とりあえず病院につれて行ってみることにした。


先生にピーちゃんの行動を話して 耳の診察をしていただいたが 特に異常はなかった。
ボタンインコの鼓膜って 表面から1mmのところにあるらしく 下手に素人が麺棒などで掃除をしない方が良いらしい。

首を振る原因は色々あって 脳の損傷が原因ひとつ。
どこかに強くぶつかって脳が損傷する場合や 高カロリーな食事により脳の血管が詰まる脳が損傷する場合。
脳の損傷によって 無意識に首を振ってしまうことがあるようだ。
でもピーちゃんの場合 放鳥中にぶつかったのは 生まれて1回か2回で 人の力によるものではなく 自分で鏡にぶつかったくらいだ。
体型もシードや野菜や貝殻など バランス良く食べさせているので 全く太っていないし どちらかいうと痩せている方だ。
なので脳の損傷は 考えられない。


とりあえずお薬を飲ませてみることになった。
飲み水に混ぜる液体のお薬で アナフラニールという 鬱(うつ)の薬。(笑)
この薬を飲むと 少し楽しい気分になるらしい。
友人の話ではこの薬 人間と同じ薬らしい。
これを飲ませ 少し様子を見てみることになった。
あとは毎日 首を振った時間と噛みついた時間を ノートに記録するよう 先生に言われた。
効いていないようなら 薬は止めることになる。

目薬の入れ物に入っている アナフラニールを1回4滴 水入れに入れて10ccの水で薄めて与える。
水が汚れたら また同じ濃度で作って入れ替える。

お薬がなくなったら また病院に行くことになるんだろうな。
見た目はすごく健康なのに 本当に難しい鳥だわ ボタンインコって…。(汗)
また遊びにきてね!

にほんブログ村

健康診断

びょうき(そのた)
03 /20 2007
9ヶ月半ぶりに ピーちゃんを連れて 自転車で病院に行った。

病院への移動ケース(虫かご)から出たとたんに 部屋中飛び回って 先生やら看護師さんの肩に止まり なかなかつかまらなかった。

とりあえず ケースのペーパーについたウンチを 顕微鏡で見て悪い病気がないか 診てもらった。
カンジダ菌が ほんのわずかにあっただけで 薬を飲むほどでもなく 健康で特に問題なしだった。



せっかく病院に行ったので 先生に日頃思う疑問を聞いてみた。

吐き戻しを軽減するには ピーちゃんが戻した瞬間 慌ててティッシュを持って拾おうとしたり 私が大きな声を出したりすると ピーちゃんは『戻したら急いで近くに来てくれた~(喜)』と勘違いして さらに吐き戻すので なるべく無反応が良いらしい。

そろそろ一年になるのに 羽根が生え変わらないのは 気温ではなく日照時間だそうな。
これには驚いた。
今まで 少しくらい外が明るくても いつも決まった時間に就寝させていた。
今日からは 日没に合わせて就寝させてみようと思う。
朝はおやすみカバーを外した瞬間から大声で鳴くので 午前7時以降にしか カバーを外せない…。(汗)

先生の予測では これだけ人になれているインコは 毛引き症になりやすいらしい。
だいたい生後2~3年目くらいに 毛引き症になる場合が多いから 気をつけるように言われた。
たまたま抜いて血がついていたとしても それに対して絶対にリアクションをしてはいけないそうな。
リアクションしてしまい また抜いたとしても ずっと見なかったフリをするように言われた。
気をつけねば…。(汗)

ピーちゃんは 自分を人間だと思っているので ボタンインコをパートナーとは思わないらしい。
たぶんこの先ずっと…。(汗)
だから新しいボタンインコは飼えないのだ。
セキセイインコの顔のおもちゃや 鏡のついたおもちゃを買っても たぶんそれに対して反応は少ないだろう。
先生は 写真をケージに入れてもいいと言ったが ゲロまみれ&かじられる のはちょっとなぁ~。(苦笑)

しつけに関して まだまだ出来るらしい。
無駄鳴き・噛みつき も根気よくやれば なおる可能性ありだそうな。
先生はピーちゃんのことを とてもボタンインコらしい性格と言っていた。
ボタンインコって一体どんなだろうか…。
いいのか 悪いのか。(笑)
また遊びにきてね!

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。