止まり木の間隔(下段以外)

けーじ
06 /06 2017
8歳くらいまで止まり木の位置は 動かさないようにしていました。


夜 ケージ内が真っ暗になっても・・
いつか 目が見えなくなっても・・
体で位置を覚えていれば 移動への恐怖感は軽減されるかな? と思って。
歳をとると 若い頃の記憶は とくに鮮明に覚えている らしい。(笑)



~2014年
00884.jpg


止まり木間のジャンプ移動が 歳のせいか 少ししんどそうに見えてきた。
ドアストッパーを使って 違和感のないよう 数回に分けて少しずつ変えてみた。
最下段の止まり木はそのまま。 
最上段は 止まり木2~3つ分くらい下げたので 簡単に止まれるようになった。



2017年6月(現在)
01009.jpg


最上段は 羽根つくろいも可能な ゆったり空間になりました。(笑)
01010.jpg



ピーちゃんは 若鳥時代と変わらず ブンブン飛び回り めちゃ元気にしております。
保温電球(20W)は 朝晩の冷え込みがあるので まだまだ外せません。


また遊びにきてね!

にほんブログ村

止まり木の間隔(最上段)

けーじ
10 /05 2016
3ヶ月ほど前に 止まり木の間隔 を二ヶ所変更し 飛び移りやすくした。
ケガの心配もなくなったし 軽やかにケージ内を動き回っている。


しばらくして また気になる箇所がでてきた。
最上段の止まり木。
ここは ピーちゃんが眠くなったり 部屋が暗くなったら 一番に行く場所・・。


後ろの網から くちばしを使っての 斜め上への移動が 少し大変そう。
なので 止まり木1本分下げてみた。
ドアストッパーがあれば 横網がなくても好きな位置に 止まり木を固定することが出来る。
使い方はちょっと違うけど 優れものです。
00939.jpg



ピーちゃんの足のサイズには 18mmの止まり木が最適。
だけど天井から6cmの横網の上に 18mmの止まり木をつけると 狭くなりすぎたため 15mmしかつけられなかった。
00938.jpg



18mmの太さに変更してみた。
00940.jpg
これで 短いホルダー付き止まり木(15mm)を除いて すべての長い止まり木が 18mmになった。



難なく移動が出来るようになり 太さへの違和感も無さそうだ。
太くなれば 前後のふらつきも軽減されて さらにぐっすり眠れそうだね。



ほんのちょっとのことだけど 歳を取ると今まで簡単に出来たことが 難しくなってくる。
それは人も鳥も同じなのかもしれない。



駅の階段 一段飛ばして上がるの もう無理っス。(笑)




続きを読む

また遊びにきてね!

にほんブログ村

止まり木の間隔

けーじ
07 /21 2016
二ヶ所変更することにした。

●上段の止まり木を 柵一本分移動し 中段から飛び移りやすくした。

●中段の止まり木を 止まり木一本分(約18mm) 低くし 下段から上がりやすくした。
00908.jpg


ドアストッパーで ガッチリ固定。




2cm以内の移動だと 特に戸惑う様子はなかった。
楽に止まり木を 行き来している。
変えて良かった。(喜)



それにしても・・
助走もなく 自分の身長以上の場所に 軽々上がれるって 本当に鳥ってすごいね。
また遊びにきてね!

にほんブログ村

おやすみカバー

けーじ
07 /09 2016
見た目は全く同じなのに 生地の素材とか 織り方が変わったんだろうか。
1代目のカバーには感じなかった 静電気をものすごく感じる。
静電気は 手ではわかりづらく 顔を近づけて有無を確かめてます。(笑)
もわ~っとして ほんとうに気持ち悪い~。

毎回 放電してからかぶせるようにしている。
二枚重ね(表生地+裏生地)は 少しでも摩擦すると 静電気が起きるから カバーを外す時も かぶせる時も けっこう神経使います。

いっそ生地を買って 作ってみようかな。
ミシンがないので 手縫いになるけど・・。(苦笑)




【追記 2016.07.10 昼】
押入れの奥から 古い(1代目)おやすみカバーを出して 洗濯しました。
00896.jpg
乾いた時 2代目のおやすみカバーほど 静電気を感じない。
やっぱり何かが違う・・ 何だ?

9年前のもので マジックテープが バカになってる 交換しなきゃだわ。
手縫いのカバーが完成するまで 何ヶ月かかるか わからないので しばらくこれを使おう。(苦笑)
また遊びにきてね!

にほんブログ村

止まり木の交換

けーじ
06 /24 2016
だいぶ手ざわりが 悪くなってきた。
そろそろ交換かな?


現在 ピーちゃんのケージには 長い止まり木
15mm 1本 (最上段) 
18mm 3本 
を設置している。


色々試した結果 ピーちゃんの体力・体重・足のサイズには 18mmが一番合ってる感じ。
ケージの中ではストレスなく しっかり動いて欲しい。
00882.jpg


15mm : 飛び移った時 前に少しふらつく。
20mm : 下段に降りるには良いけれど 上段には指が引っかかり移りにくそう。
18mm : どちらの問題も解決するし しっかり爪が使えていた。
12mm : バランス 爪 足裏 のことを考えると ピーちゃんには合わない。


私も 細い棒の上に立つより 太い棒の方が
前後のバランスとりやすい
自分の体重を 線ではなく面で支えるので 足裏への負担が少ない
ケージ内には 風も揺れもないため 強くつかむ必要はない


そろそろ老鳥の域に入りかけているため 変化のある天然木は 足首をひねらないか? つまずいたりしないか?
下段に両足で着地した時 左右の高さが違っていたら 股関節への負担は?
あれこれ心配し過ぎて とうとう設置できず。(苦笑)



昼夜関係なく室内(冬はビニールカバー内)の 体感温度・湿度によって 寝る位置が変わるため どこに止まっても足に負担がかからず 安定して眠れるよう 同じ太さの止まり木を使うようにしている。

止まり木はホームセンターで 18mmの木材を買って カッタータイプの小さいのこぎりを使って作る。
ケージに取り付けた時に グラグラしない溝の深&形状にするのが 結構難しい。
35手のり用の18mm HOEIさん作ってくれないかなぁ~。
00884.jpg
また遊びにきてね!

にほんブログ村

老鳥とは

けーじ
01 /07 2016
ピーちゃんは今年 10歳になる。
人間だと60歳だから 老鳥はもうちょっと先です。



65~74歳までを前期高齢者 75歳以上は後期高齢者。
ピーちゃんが 後期高齢者(鳥)になるのは 13歳から。



衣食住の変化で 人間も愛玩動物も 長生きするようになった。
ピーちゃんが7歳の時 老いだと思っていたら じつは病気だった。
ご飯(当時はシード食)も普通に食べて 一日ウトウトのんびり過ごす ってどう見ても 老いでしょ・・。(汗)
鳥を育てるための 私の経験不足でした。



お薬と合わせて 病院のすすめで 完全ペレット食に変えてからは 一気に若返った。
もしかすると今が 人生で一番元気かもしれない。(笑)
去年の7月からは 何もお薬を飲んでない。



くちばしは 季節や換羽に影響されることなく 一年通してツヤツヤ&ピカピカ。
00823.jpg


硬いペレットを ボリボリ食べてもへっちゃら。
二枚爪みたいにボロボロになることも ピンクのくちばしが黄色っぽくなることも 横にデコボコの線が入ることもなくなった。
00824.jpg



最近では ピーちゃんの健康は 体のニオイと くちばしの状態で 何となくわかるようになった。
病気の時にはなかった感じ。
ピーちゃんのような 生まれつき病気がちな鳥を飼っていると 健康な鳥がどんな感じかわからない。
ようやく健康な鳥の状態が わかってきた。(遅っ)



以前主治医に
14歳あたりから とにかく病気や怪我が増えて お世話が大変になるので 旅行は今のうちに行っておいたほうがいい
と言われた。
14歳というと 人間の80歳あたり。
ラブバードは 20年くらいは生きる鳥らしく 14歳から一気に老いる というのが なんとなくわかる気がした。
ピーちゃんを飼った以上 ストレスや寂しさを感じさせてまで 旅行に行きたい とは思えないので 見送ってから(あと10年かぁ・・苦笑) 家族と行こうかな。
それまでは自宅で ピーちゃんとお留守番係りです。(笑)

続きを読む

また遊びにきてね!

にほんブログ村

止まり木の固定

けーじ
06 /27 2015
ケージ内の拭き掃除をしていると 放鳥中のピーちゃんが音に気づいて ケージに戻ってくることが多い。
入って欲しい時は なかなか入らないのにね~。(笑)
ケージに限らず キャリーのお掃除をしてる時もそう。



掃除の時 手が当たりやすく すぐに外れて落ちてしまう 中段の止まり木。
外れた止まり木がピーちゃんに当たっても危ないし 外れたと同時に止まろうとしても危ない。
使っていないドアストッパーで 止まり木が動かないように固定してみた。
00780.jpg



止まり木を落とさないように 気をつける
何度かやってみたけど 気をつける は無理だった。(苦笑)



6/25夕方から1週間 ピーちゃんは右の翼の不調で 投薬&放鳥禁止となり ケージの中に入っている状態のまま 止まり木の吐き戻し等を 一日に何度も拭かなければならなくて なかなかそれが難しい。
真ん中の大きい扉だと ピーちゃんが出ちゃうので 両脇の扉から肘まで突っ込んで拭き拭き。
そのうちケージ 壊してしまいそう。(笑)


また遊びにきてね!

にほんブログ村

[動] ケージでの過ごし方

けーじ
05 /30 2015
ふと・・ ピーちゃんはケージの中にいる時は どんな風に過ごすのかな?
ビデオカメラをテーブルに置いて 15分ほど撮ってみました。
私は隣の部屋でパソコン中。




大昔から お気に入りの 信号機のおもちゃ。

どうも股裂きの遊びが好きなようで たまに痛そうな声出すのでビックリさせられます。(苦笑)




ブランコは このタイプが一番好きみたい。

頭を撫でられてる気分なのかな?




え?動いてる?的な変化に乏しい動画は 飼い主にしか楽しめないよね。(笑)

眠い時は セキセイインコさんのような キュルキュル声でつぶやいてます。




いつもこんな風ならいいんだけど 飼い主が家にいる時は ウトウトから目覚めたら急に大声で呼び鳴き。
00745.jpg
オン・オフがはっきりしてるな~。(笑)
また遊びにきてね!

にほんブログ村

暖かい日は

けーじ
03 /05 2015
ケージ内の止まり木の位置は ピーちゃんの体感温度を知るために もう何年もレイアウトを変えていません。
皮膚の温度は測れないけど どこに止まるかでわかります。



ビニールカバーをかけているケージ内で ひよこ電球(真冬は30W)の真上は 一番暖かい場所。
寒い所で遊んで帰ってきても 冷えた体は短時間で暖まります。
00716.jpg
※ ビニールカバーは 洗う&干すを繰り返して ニオイが消えてから 使い始めてます。


ひよこ電球の真上に行くほどでもない って時は同じ止まり木の右端で暖まってます。
お昼寝する時も ブルッと寒くならない ぐっすり眠れる暖かさです。
00714.jpg
大昔からピーちゃんは この狭い場所で寝るのが好き。



夜は冷え込むので ビニールカバーの上に おやすみカバーをかけて 後はバスタオルをかけ具合で調節しています。
こないだ そ~っとケージをのぞいて見たら 奥の中段で寝ていました。
そこは 暑くも寒くもなく ちょうどいい場所。
なにより餌場に近い。(笑)
00715.jpg
夜だけは 入口に背を向けて寝るんです。
どんな意味があるんだろう。



ポカポカと暖かい日は 室温も2~3℃上がり ケージの中の温度も上がります。
暖かい空気が中段まで来て 逆に上段では暑いかな?
昨日は 一番手前の止まり木で ウトウトしてました。
出入口のビニールは 開閉しやすいように はさみでカットしてあり この止まり木はやや上段だけど 奥の止まり木よりも温度が低くなります。
そろそろ電球を20Wにつけかえようかな?
00713.jpg



ピーちゃんの体感温度は 湿度風の強さによって変わるし 水分の多い飲食物を摂った後でも変わります。
これから暖かくなってきて うっかり部屋の窓を開けっぱなしは注意です。
人には暖かい風でも 風速によって ピーちゃんは寒く感じてるかも。
また遊びにきてね!

にほんブログ村

ホルダー付き止まり木

けーじ
02 /24 2015
12mmは ピーちゃんには細すぎる。
HOEIのホルダー付き止まり木 太さ12mmしか作ってないと思って 今まで使ってきました。
そしたら15mmが売られていたので買ってみたら なかなか良かった。

00701.jpg

木のニオイが強すぎて ビニールカバーの中に充満。(汗)
何の木なんだろう?
薬品じゃないよね?
しっかり洗って ニオイを少し落としてから使いました。





ちょっと笑える お店の取り付け説明
00710.jpg
また遊びにきてね!

にほんブログ村